土木優秀工事

 埼玉スタジアム2002公園南広場舗装打ち換え工事その2(現場代理人表彰)

施工場所 さいたま市緑区美園地内
施工期間 H29.3.29~H30.3.30
施工内容 本工事は、埼玉スタジアム2002公園南広場にて、老朽化した、アスファルト舗装及び平板部分撤去し、アスファルト舗装、遮熱性舗装、カラー舗装を約2,000㎡新設する工事を行いました。
コメント  埼玉スタジアム及び公園広場にて開催されるイベント時期に合わせながら工事を進めるため、公園利用者の安全を確保するため、イベント開催時は重機等工事資材を置かず、イベントが 行えるよう配慮しながら工事を行った結果、事故なく完了させることができました。工事施工時は協力していただいた公園利用者の方々に感謝しております。ありがとうございました。(東出)


H29西金野井地区堤防整備工事
(建設産業担い手の確保・育成貢献工事表彰及び技術者表彰)

施工場所 埼玉県春日部市西金野井地先
施工期間 H29.9.20~H30.5.25
施工内容 江戸川右岸の春日部市西金野井地区において、堤防の断面不足解消のための築堤盛土及びサイクリングロードの拡幅を行いました。 施工延長は236mであり、盛土工(12,700m3)アスファルト舗装(2,380m2)が主な内容です。サイクリングロードは切回し仮設道路を設置し、一般の方の通行は確保したのち施工にあたりました。
コメント 現場チーム全員でアイデアを出し合った結果、様々な建設業のPR活動を現場で実施できたことが高評価につながったと思います。 今回の受賞を励みにし、建設産業を明るいイメージに変えられるような活動をしていきたいです。(石原)



総簡除)28水整第401号荒川横断送水管路更新(左岸側一般配管等)工事

施工場所 埼玉県さいたま市西区大字三条町地内
施工期間 H28.9.9~H30.1.31
施工内容 荒川横断送水管路更新事業は、一級河川荒川をシールドトンネルで横断している呼び径2000の送水管を更新する事業であり、既存の施設は、昭和49年に完成したものです。他方、当該送水管路は、県西部地域12市町に、日量30万m3を供給する極めて重要な管路であることから、速やかな施設の更新が必要となっていました。本工事は、荒川横断送水管路更新事業に係る送水管布設のうち、荒川右岸側における既設管路(ダグタイル鋳鉄管 Ø2,000mm)と新設の送水管の接続を行うとともに、その事業用地の整備を行う工事でした。
コメント 本工事は、断水できる期間が限られており、工期遵守が発注者の要望でした。限られたヤードの中で複数の業者で行う工事であり、業者間の調整及び田圃の地権者さんに迷惑をかけないように気を使った施工と工期遵守が発注者に評価されたと考えます。今回の特別奨励賞は、作業所全員と協力業者の方々が日ごろからまわりに気を使った施工に真摯に取り組んだ贈物であると捉え、今後も継続して賞をいただけるよう、より一層の精進を重ねていく所存です。(小林)


羽根倉橋(上り線)耐震補強及び補修工事その2

施工場所 埼玉県さいたま市桜区大字下大久保地内外
施工期間 H28.9.15~H29.6.30
施工内容

本工事は、避難、救助はじめ、物資の救急、諸施設の復旧等広範囲な応急対策活動を広域的に実施す。緊急輸送道路に指定されている1級河川荒川を渡河する国道463号「羽根倉橋(上り線)」について、地震に於ける橋の安全性を確保するため、損傷が激しいことから橋梁長寿命化計画に基づき耐震補強及び補修工事を施工するものです。1.上部工補修工 1式 2.塗装塗替工 1式 3.橋面補修工 1式 4.舗装打替え工 1式 5.区画線工 1式 6.橋面改良工 1式 7.落橋防止装置工 1式 8.防護柵取替工 1式 10.下部工補修工 1式 11.仮設工

コメント

本工事は、交通量が非常に多い一般国道463号線を1車線道路規制して車道部の舗装打替え作業と、工程上の制約がある河川区域内での耐震補強工事及び補修工事に対して、近接する他業者との連絡調整会議を毎週金曜日の午後16時より打ち合わせを行い、その打ち合わせ結果をもとに施工順序の工夫などにより施工期間の短縮などに努めた結果、無事故・無災害で工期内に完成させたことが高評価に繋がったことだと思いますし、また2年連続で頂き、これからも優秀建設工事を励みに生涯土木屋として、日々精進していきたいと思います。(長谷川)

 


H21荒川西区土屋下築堤工事 (優良工事及び優秀技術者表彰)

施工場所 埼玉県さいたま市
施工期間 H21.7.28~H22.3.25
施工内容 平成21年7月28日から平成22年3月25日の期間で施工しました。施工内容は荒川本川さいたま築堤事業のうち、左岸42.4km付近さいたま市西区土屋地先において、盛土工・仮設工を行いました。また、河川土工「現場密度の測定」の品質管理において、衛星測位システム(GPS)を使用して盛土締固め監理を行いました。 関東地方整備局より平成22年度の優良土木工事表彰と優秀技術者表彰を頂きました。
コメント 今回の優良工事並びに優秀工事技術者表彰を励みに、今後も安全第一に尽力し、より良い品質の向上に努めていきたいと思います。(石原)


駒場運動公園競技場改修工事(その1) (さいたま市優秀建設工事者表彰)

施工場所 埼玉県さいたま市
施工期間 H22.9.29~H23.6.30
施工内容 平成22年9月29日~平成23年6月30日の期間でケイワールド日清・斉藤工業特定共同企業体により施工しました。 施工内容は既存の競技場に対して中層混合処理工(20,727㎥)及び真空圧密工(68,187㎥)による沈下対策工事です。事前調査や動態観測を適切に行った為、直近のスタンドに影響を与えることなく工事を完成することができました。 さいたま市より平成24年度のさいたま市優秀建設工事業者表彰を受けました。
コメント さいたま市主催の芝配布イベントにも積極的に参加するなどの地域住民への配慮についても多大な評価を受けられた。 今後もこのように安全や地域住民に配慮し業務を行っていきたい。(深堀)




H24外野堤防強化工事 (優良工事表彰及び優秀技術者表彰)

施工場所 埼玉県加須市
施工期間 H24.11.3~H25.3.29
施工内容 平成24年11月3日から平成25年3月29日の期間で施工しました。 施工内容は盛土工・地盤改良工・護岸工を行いました。また、施工途中で護岸工が追加となり地盤改良と盛土工の並行施工を行いました。 関東地方整備局より平成25年度の優良工事表彰と優秀技術者表彰を頂きました。
コメント 施工途中で護岸工が追加となり当初から工程的に厳しかったですが、無事完成しました。 優良工事並びに優秀技術者表彰を励みに、これからも精進していきたいと思います。(塚原)


25大修第006号西部系9号PC浄水池ドーム等修繕工事

施工場所 埼玉県さいたま市
施工期間 H25.7.26~H26.3.14
施工内容 この工事は、埼玉県企業局大久保浄水場発注の埼玉県の西部地域に共給する飲料水のタンクの経年劣化に伴う工事です。 弊社は、PCドーム撤去、歩廊、アルミドーム等新設工事です。タンク内工事等は別途になります。今回採用したアルミドームは、直径38.95mありアメリカ制を採用しています。
コメント 他の関連工事との綿密な工程調整、コンクリートの仕様変更等により工期を短縮し完成に至ったこと、NETIS製品の積極的採用や、品質管理への創意工夫が評価されたと思っています。また、今回の受賞は、弊社からの提案等に対し、監督員からのご指導があり切磋琢磨し連係し工事を遂行できました。ありがとうございました。(瀬木谷)



社会資本整備総合交付金(河川)工事(樋管工)

施工場所 埼玉県さいたま市
施工期間 H27.6.1~H28.2.29
施工内容 この工事は、埼玉県総合治水事務所発注の樋管(ひかん)工事です。
樋管とは排水等の為、堤防を貫通して設置される水路で、今回の工事においては既設の排水管をコンクリートの水路にしました。
コメント 多大な評価を頂き、大変嬉しく思っております。
今後も品質の高いものを提供できるように精進していきたいと思います。(榎本)



南部流域荒川中継バイパス水路耐震化工事

施工場所 埼玉県さいたま市
施工期間 H27.12.25~H28.3.31
施工内容 本工事は、荒川中継バイパス場のバイパス水路内の壁側の耐震強度が不足しているという調査結果により、荒川左岸南部下水道事務所から発注された耐震補強工事です。
全長が約51.6mあるバイパス水路内に、あと施工アンカーを257本設置する工事です。
コメント 年度末の限られた工期の中で、住民さんからの苦情や事故等なく工期内で工事を完成させたことが評価に繋がったと思います。
今回の優秀現場代理人表彰を励みに、これからも精進していきたいと思います。(滝口)



羽根倉橋(上り線)耐震補強及び補修工事その1

施工場所 埼玉県さいたま市桜区下大久保地内外
施工期間 H27.10.02~H28.06.30
施工内容 本工事は、避難・救助をはじめ、物資の供給・諸施設の復旧等広範囲な応急対策活動を広域的に実施する緊急輸送道路に指定されている一級河川荒川を渡河する国道463号「羽根倉橋(上り線)」について、地震時に於ける橋の安全性を確保するため、損傷が激しことから橋梁長命化計画に基づき耐震補強及び補修工事を施工するものです。
コメント 本工事は、荒川河川敷に公共工事で発生した掘削残土をストックヤードに搬入するために工事車両の交通量が非常に多い一般国道463号線での片側一車線を道路規制して歩道改築工作業と工程上の制約がある河川区域内での耐震補強及び補修工事に対して、近接する他業者との連絡調整会議を毎週金曜日の午後16時より打ち合わせを行い施工順序の工夫などにより施工期間短縮などに努めた結果、無事故・無災害で工期内に工事を完成させたことが高評価に繋がったことだと思います。
これからも今回の優秀建設工事表彰を励みに生涯土木屋として、日々精進していきたいと思います。(長谷川)